映画 かぞくわり映画 かぞくわり


 
有楽町スバル座 TOHOシネマズ橿原 名演小劇場
シネマート心斎橋 シネヌーヴォX 元町映画館

2019年1月19日(土)より 

有楽町スバル座、TOHOシネマズ橿原
名演小劇場、ほか全国順次ロードショー

陽月 華
石井 由多加佃井 皆美木下 彩音松村 武
星能 豊今出 舞小日向 えり関口 まなと雷門 福三国木田 かっぱ
竹下 景子小日向 文世

脚本・監督:塩崎 祥平
主題歌:花*花「額縁」(Ten point Lable)

     

NEWS

 

 

舞台挨拶などイベント情報はこちらをご覧ください。
・イベント&上映スケジュール
京都みなみ会館、(神戸)元町映画館上映決定!(詳細は後日)
(神戸)元町映画館:7/20(土)- 7/26(金)

古都、奈良に伝わる伝説
千年の時を経て、奇跡を起こす

民俗学者・折口信夫の「死者の書」から着想を得た本作は、日本最古の古都・奈良を舞台に崩壊した家族の行く末をユーモラスなタッチで描き、今日の日本において”守るべきもの”という普遍的なテーマに向き合った意欲作。主人公の香奈を演じるのは、元宝塚歌劇団宙組でトップ娘役を務め、退団後は『駆込み女と駆出し男』『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』等に出演し、2019年には『二階堂家物語』『あの日のオルガン』が公開待機している大注目女優・陽月華。さらに『アウトレイジ』シリーズ・『サバイバルファミリー』の小日向文世、『男はつらいよ』シリーズ・『聖の青春』の竹下景子といった名優コンビが香奈の両親役で脇を固めている。監督は、地元・奈良で精力的に映画製作活動をしており、前作『茜色の約束』で関西の動員2万人以上というヒットを飛ばした新鋭・塩崎祥平。

日本の割れた家族はどこへいく

堂下香奈、38歳。画家になる夢を挫折し、両親の元で無気力な生活を送っていた。だが、妹の暁美と娘の樹月が家に住み着き、香奈を軽蔑したことで堂下家の生活が一変する。家に居づらくなった香奈は神秘的な男性と出会い、ふたたび絵を描くようになった。絵に没頭するようになり、香奈が内に秘めていた魂が目覚める時、家族、そして奈良の街に危機が降り掛かる——。

「死者の書」

釈迢空(折口信夫)による幻想小説。現在の奈良県葛城市にある古刹・当麻寺に伝わる当麻曼荼羅縁起・中将姫伝説に想を得て書かれた。平城京の都が栄えている頃を舞台に、中将姫と非業の死を遂げた大津皇子の亡霊の邂逅を描いた作品。初出は1939年(昭和14年)に『日本評論』1月・2月・3月号にそれぞれ「死者の書」「死者の書(正篇)」「死者の書(終篇)」として掲載される。1943年(昭和18年)9月には青磁社から雑誌掲載分を各章の入れ替え・増補校訂した単行本『死者の書』として出版された。現行版(文庫)は、青磁社本を底本とした中公文庫(改訂版1999年)、岩波文庫(2010年)、角川ソフィア文庫(2017年)。

CAST

MUSIC

主題歌「額縁」
花*花

2000年7月 ​ワーナーミュージックジャパンより「あ〜よかった-setagaya mix-」でメジャーデビュー。同年末「第51回NHK紅白歌合戦」に当時は異例のスピードで出場が決定。その後「さよなら大好きな人」等シングル7枚、アルバム7枚をリリース。全国各地でライブ・レギュラーラジオなどで活躍する。2003年活動を休止。2009年3月 ​花*花誕生10周年を機に再始動を発表。大阪・神戸・東京にて10周年記念ツアーを開催。2015年8月7日(はなの日)​、デビュー15周年を記念して原点回帰をコンセプトにしたアルバム「アンダーウェア」をリリース。同年12月に15周年記念ツアーファイナルを開催した。両者が歌を創り、ピアノを弾き歌うというスタイルで幅広い層から共感されている。

 

 

DIRECTOR

監督・脚本
塩崎 祥平

奈良県出身。高校を卒業後、渡米。カリフォルニア・サンノゼ州立大学にて映画制作とメディアを学ぶ。2004年に帰国し百米映画社入社。外国人キャストを起用した映画「明日への遺言」(08/小泉堯史監督)、「私は貝になりたい」(08/福澤克雄監督)、「サイドウェイズ」(09/チェリン・グラック監督)、「レオニー」(10/松井久子監督)などで演出助手、通訳として参加。2005年から人形アニメーション作家川本喜八郎氏に師事。同氏の遺作となった人形アニメーション映画「死者の書」(06)では海外セールスを担当する。2007年3月、初監督短編作品「おとうさんのたばこ」を発表。プロデューサーとしてジョン・ウィリアムズ監督の「佐渡テンペスト」(12)、「審判」(18)を製作。地域における映画製作に注目し、2012年、出身地である大和郡山市で伝統産業の金魚を題材にしたファンタジー映画「茜色の約束」を長編初監督。